花園・パソコン研究会

アクセスカウンタ

zoom RSS JTrimの使い方 その3

<<   作成日時 : 2010/10/24 13:51   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

JTrimで画像切抜き

jt3-93

写真を好きな形に切り抜きます。形に切り抜くと言っても、画像の形は縦×横何ピクセルかの四角形です。四角の部分を出したくないときは、透明化します。

このような画像を作りたいときには、先ず型紙を作ります。型紙と写真を重ね合わせて合成しますので、型紙を写真の大きさに作っておくことがポイントです。型紙は、拡大しても画像が荒れることは無いので、縦横比だけ決めておけば、他にも使い回しができます。

ペイントを起動して、型紙を作ってみましょう。

変形→キャンバスの色とサイズで、600×450の4:3のキャンバスを作成します。


jt3-1

 

ここでは、ぶどうの房をイメージして、円形を並べます。塗りつぶしの円は、オプションの最下段を選び、対角線にドラッグして円を描きます。色は、必ず黒にします。背景は白にします。 ●以外はブラシなどで描きます。

jt3-2

 

書き終わったら、デスクトップに保存しますが、このときファイルサイズを節約するために、色数を減らします。本当は2色でも良いのですが、16色のbitmap形式で保存します。減色するので警告が出ますが、OKします。

jt3-3

保存形式は、GIF形式を選んでも構いません。

決まった形を使いたい場合、Wordのオートシェイプを利用することもできます。この場合は、ワードの画面をPrintScr(プリントスクリーン)キィを使ってコピーし、これを整形します。

 

jt3-5 

オートシェイプの書式設定で、塗りつぶしの色を黒にします。画面コピーする際は、図から選択を解除して余分なカーソルが出ないようにします。

PrtScrキィを押した後は、JTrimを起動し、「貼付け」を実行します。

jt3-6

 

ワードの画面がそのまま張り付くので、範囲選択してトリミングボタンをクリックし、必要な範囲だけにします。

jt3-7

リサイズ後は、リサイズでサイズを調整して、同じく600×450にします。このとき、下の縦横比を保持するのチェックを外すと、ぴったりにリサイズできます。型紙なので、多少のゆがみは問題ありません。

jt3-8 

この型紙も、同じように保存しますが、ポイントはjpgにしないことです。jpgにすると、若干白や黒がずれてむらが出ることがあります。本当は、gifが良いでしょう。写真と型紙は形式が異なって構いません。

型紙が保存できたら、JTrimで写真を開きます。そして、最初に型紙に合わせてリサイズします。

jt3-9

編集メニューの「合成」を開きます。合成するファイルを、参照ボタンから選びます。

jt3-91

次に、合成方法を「明るい画素優先」を選びます。これで、黒より明るい場所は写真が優先され切り抜かれたようになります。

jt3-93  

 jt3-92

budouhosi


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
JTrimの使い方 その3 花園・パソコン研究会/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる