花園・パソコン研究会

アクセスカウンタ

zoom RSS LiveWriterが使えなくなった

<<   作成日時 : 2015/12/18 15:54   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

Googleのセキュリティ強化で、windowsLiveWriterでBloggerのブログに投稿できなくなりました。前に紹介した、Googleアカウントで「セキュリティの低いソフトを有効にする」を実行する方法(http://jeami.at.webry.info/201509/article_1.html)で凌いできましたが、windows10の更新やGoogleのセキュリティ強化で、この方法も使えなくなりました。これは、MicrosoftとGoogleのアカウント戦争によるものです。Googleアカウントにログインしない状態で、MicrosoftのLiveWriterでは使えないようになったのです。

writer00

もともとWindowsLiveシリーズは、MSが作ったものではなく、MSが買い取ってWindowsで無料で使えるようにしたものです。MSに継続の意志は無く、2012というバージョンのまま放置されてきました。その結果、Googleの意向で排除されることになったのです。

これを残念に思う人は多かったようで、MSが買い取らないのならオープンソフトで継続しようと、作者のMIT(マサチュセッツ工科大学)がhttp://openlivewriter.org/ を立ち上げ、openlivewriterを発表しました。オープンソフトというのは、ソフトのソースを公開して皆で改良していこうというものです。大資本の組織に加わらず、ボランティアで開発するものです。Googleの携帯のOSであるアンドロイドも、オープンソフトです。

GoogleのBlogger以外なら、liveWriter2012でも投稿できるので、Blogger専用の編集ソフトとして使ってみました。まだ日本語版は無く、メニューは英語表示ですが、以前のliveWriterを使ったことがある人には、中身は同じなので問題無く使えます。

●ダウンロード 先のリンク http://openlivewriter.org/ に接続してダウンロードボタンをクリックします。

writer01

●インストール ダウンロードしたファイルをWクリックして実行します。実行する前に、GoogleChromeをGoogleアカウントでログインして開いておいた方が良いです。最初のインストールは、すぐにBloggerの登録から始まります。Nextボタンをクリックします。

writer02

●bloggerを選択し、Nextボタンをクリックします。もともとのLiveWriterにはBloggerは「その他扱い」でした。

writer03

●Googleアカウントの使用を許可する。このとき、Chromeを開くなどして、パソコン内にアカウントが無いとエラーになるかもしれません。

writer06

次へで、パスワードを入れ、ログインします。

●許可する 迷わず許可してください。写真と動画は、旧Picasaへのアクセスです。

writer07

●bloggerのサイトを選択する。複数ある場合は、後から追加できます。

writer08

ぼかしてありますが、win坊のBloggerであるパソコンニュースを選択しました。当然、自分のブログしか出ません。

●ブログサイトの設定(テーマ)をダウンロードしてきます。はいを選びます。

writer09

writer10

●Finishをクリックすると、openliveWriterが起動します。

writer11

英語ですが、見慣れたメニュー画面ですね。分からなければ、辞書を引きましょう。パソコンに英語は常識です。

●post titleを入れ、本文を入れ、Publish(公開)ボタンをクリックします。

writer12

メニューは英語ですが、無論日本語も入ります。そのうち、日本語化したものも発表されるでしょう。日本語化するボランティアがいれば・・
日本人が、金払いが良いと分かると、どこかが有料で日本語版を発売するかもしれませんが。MITの学生さんに感謝して、英語版で十分ですね。


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
LiveWriterが使えなくなった 花園・パソコン研究会/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる