エクセルでカレンダーを作る

1.オートフィルで曜日を入れる
4行のAに sun、Bに mon と入れて、コーナーで+を出して、オートフィルでGまでドラッグします。
これで、sun mon tue wed ・・・ sat と曜日が出ます。漢字の日・月でも構いません。
画像

2.オートフィルで日にちを入れる
同じくオートフィルを使います。日にちを1 2 その下に8 9 を入れて、4つのセルを選択して横にドラッグし、いったん確定してから更に下へ引きます。
このように、上下4つ書くだけで1か月分の日にちが入れられます。不要なものは手動で削除します。
画像
3.数字のフォントを指定する
次に、日にちの数字を選択して、フォントサイズを20にしてから、フォントの種類を変更します。ここでは半角の数字を使っているので、半角のフォントが選べます。
このように、半角フォントもたくさん入っているはずです。日頃は使いませんが、半角フォントもいろいろなデザインが選べます。


画像
4.文字の色を指定する
同じく、文字の色を変えてみましょう。日曜・祭日は赤で、土曜は青にしてみます。
文字の色は、書式バーのAボタンで変えられます。「A」というのは、日本語で言うといろはのいのようなもので、文字を意味します。



画像
5.セルの高さを大きくする
次に、数字のセルの高さを変えます。一行ずつやると不ぞろいになるので、変更したい行すべてを行選択します。
この状態で、そのうちの一つの列の高さを変更すると、他の行も同じ高さになります。



画像
6.セル内の数字の位置を指定する
数字の入ってセルを選択して、書式・セルのメニューを開き、「配置」タブを開きます。
横位置を調整するだけなら、書式ツールバーのボタンでも可能ですが、縦位置も含めて設定したい場合は、ここから実行します。
横位置は「左詰め」・縦位置は「上詰め」にして、文字を左上におきます。これで、右下に書き込みスペースを作ります。



画像
7.上部に画像を挿入する
カレンダーに写真を挿入します。まずそのためのスペースを作ります。
使っていない1行から3行を選択して、5のように高さを増やします。
メニューから、「挿入・図・ファイルから」を開きます。ここで、ファイルの場所を選択し画像を選択して「開く」ボタンをクリックします。
挿入された画像は、位置もサイズも後から指定します。デジカメの写真などは、サイズが巨大なので、コーナーをドラッグして、縦横比を変えないように小さくします。


8.画像をトリミングする
不要な部分をカットすることを「トリミング」といいます。画像を選択して、画像ツールバーにあるトリミングボタンをクリックします。
画像の選択枠が、トリミング用に変わります。横または縦の中央のマークをドラッグします。トリミングが終わったら、トリミングボタンをクリックして解除します。

画像

9.ワードアートでタイトルを入れる
ワードアートはエクセルでも使えます。月をワードアートで作って、画像の上に配置します。
画像と同じように挿入メニューから入れます。

画像

10.印刷範囲を設定する

画像
この場合は、A1からG9を選択して、ファイル・印刷範囲・印刷範囲の設定で範囲を設定しておきます。





11.印刷プレビューで、各種の設定をする

既に印刷範囲は設定されているので、余白の調整と拡大縮小の設定をします。
拡大縮小で、大きな紙に印刷することも、手帳に挟むサイズにすることもできます。



画像

12.挿入した図の圧縮処理
デジカメの高画質画像を挿入した後では、この処理をしないとファイルサイズが巨大になってしまいます。
図を選択して、ツールバーの「図の圧縮」ボタンをクリックするか、または図をWクリックして、「図の書式設定」で「圧縮」のボタンをクリックします。図を挿入した後で、ドラッグで縮めたりトリミングでカットしても、挿入した図のデータはそのまま保存されます。2GBの画像を1枚貼り付ければ、ファイルサイズは2GB以上になります。
印刷原稿として、専門の印刷屋さんに送る場合は圧縮しませんが、個人が使うファイルとしては大きすぎます。デジカメ画像を貼り付けた場合は、ワードでも同様ですが必ず圧縮作業をするようにしましょう。

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

win坊
2010年03月01日 17:06
質問などは、コメントに書き込んでください。会員用でなくてもかまいません。