アニメーションショップ3で、スライドショーアニメ

sldgif00アニメーションgif形式は、簡単に作れる動画として、スライドショーにも応用できます。ただし、gif画像が複数組み合わさるので、ファイルサイズが大きくなるのと、jpgでは1400万色表示できるのに対し、gifは256色が最大になります。

それでも、サイズを小さめにすれば、このようなスライドショーができます。ここでは、アニメーションショップ3の効果を使って、イメージトランジション(画像の切り替わり効果)を付けてみます。

完成は、このようになります。

原画は、6枚の320×240の写真画像です。今回は、1枚に付き10枚の切り替わり効果画像が入るので、全体では77枚の画像になります。77枚にもなるので、320×240にしましたが、全体の枚数を少なくし、切り替え硬貨を使わなければ、もっと大きなスライドショーも作れます。あくまで、ファイルサイズとの相談です。

ここでは、1.1MBの画像になりました。最近のインターネット環境では、1MB程度は問題ないでしょう。

●縮小専用などでサイズをあわせた画像を、アニメーションショップのウィザードを開いて、読み込ませます。

ここは、前回の説明を見てください。

イメージトランジションの挿入

ポイントは、効果を挿入したい場所を選ぶことです。コマをクリックして枠を表示させ、効果・イメージトランジションの挿入に進みます。

sldgif01

トランジションの選択

真ん中の、効果のリストを開いて選びます。ここでは、ターンページを選びました。

この画面でよく確認しておくことは、開始フレームと終了フレームが正しいかどうか、効果の挿入でどれくらい枚数が増えるかです。効果の長さと、フレーム/秒をスライドで調整できます。最大でも、10フレーム程度でしょう。

sldgif02

確認できたら、OKで閉じます。

6枚だったコマが、一気に16コマに増えます。

sldgif03

すべての境界に効果を入れるには

効果を入れる画像の位置を正しく選びます。要するに、開始と終了が正しくなるように選択します。

sldgif04

一つ右に移動して、次の画像の直前を選び、効果メニューを開きます。

sldgif05

境界ごとに別の効果を選んでも構いません。ただ、フレーム数を一定にしましょう。

最後のコマに挿入するには

繰り返し再生するなら、最後のコマにも効果を追加します。そのときは、最初のコマを最後に追加しなくてはいけません。

sldgif07

□ボタンや<ボタンで先頭に戻って、1コマ目の画像を選択し、右クリックメニューでコピーします。

次に同様に、最後のコマに移動します。貼り付ける場所は選択できないので、最後のコマを選択します。

編集・貼り付けから、「現在のフレームの後に」を選びます。

sldgif08

張り付いたら、一つ手前を選んで、効果・イメージトランジションを実行します。

このように、終了フレームが1枚目になっています。

sldgif09

sldgif09このままでは、1枚目は2度開きますので、表示時間が2倍になってしまいます。

この場合、画像は100分の200の表示になっているので、最後を1・最初を199にします。

それぞれ、右クリックして、フレームのプロパティを開きます。

 

sldgif10

sldgif11

名前をつけて保存で確認すること

色数と、ファイルサイズを見てください。写真の場合は、128色では不自然になります。256色にします。また、ファイルサイズが2MBを超えるようだと、他の人に見てもらうには大きすぎでしょう。枚数を減らすか、効果を減らします。

しかし、相手が光で見ているなら、4MBくらいまでは大丈夫かもしれません。

sldgif12

このソフトができた時代は、ISDNが一番速かったので、1.1MBだと1分30秒かかりますが、光だとこの100倍近いスピードなので、ダウンロードには1秒もかかりません。

インターネットが遅かった時代に、何とか動く画像を見たいということでできたのが動画gifです。動画gifに変わって、flashムービーが主流の時代になりましたが、flashが電池を食うということで、appleやandroidでは使えなくなりました。そこで、また人気が出ているのが動画gifです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

石津育男
2019年10月10日 16:15
以前の アニメーションショップが使えません