花園・パソコン研究会

アクセスカウンタ

zoom RSS GoogleDocsで、文字画像をテキスト化

<<   作成日時 : 2018/05/08 08:11   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像の中の文字を、テキストに変換するのがOCRです。といっても、画像の文字とテキストの違いが分からない人もいます。テキストというのは、文字コードで表記されたものです。文字画像は、編集することができません。テキストは、選択しコピーして他に張り付けることができます。

これが、Googleのアプリでできます。Googleアプリは、Web上のソフトウェアで、サーバーの巨大コンピューターで実行されるので、高機能が使えるのです。

●画像は、Googleドライブに保存したものを使う

予め、WEB上に無いと、GoogleDocsで開けません。ブラウザも、GoogleChromeで使い必要があります。Gmailを持っていることが、Gooleアカウントを持っていることになり、Googleドライブも、Googleアプリを使うことも可能です。

●Googlechromeで、Gmailにログインします。

こうすると、GoogleアカウントでChromeにもログインしていることになり、右上のメニューから

ドライブに入れます。画像は、フォトに入れてあっても構いません。その場合は、フォトを開きます。

clip_image001

●文字の入った画像をGoogleDocsで開く

フォトもGoogleDriveの中にあります。フォトから探すより、ドライブから開く方が探しやすいです。

表示が英語ですが、フォルダ名はそのまま出ています。

clip_image002

MyDriveの中の、Googleフォトを開き、海津ギター.jpgを選び、右クリックし開くアプリを選ぶため、
OpenWithを開き、GoogleDocsを指定します。

clip_image003

●GoogleDocsで画像ファイルを開くと、自動的にテキスト変換される

といっても、見た目はワードのようですが、テキストはこの下にあります。

clip_image004

右のスクロールバーを下に移動します。

画像の解像度が低かったので、若干変換ミスがあります。しかし、この文字は、画像から読み取ったものです。驚きの機能ですが、WEB上の高機能ソフトがWEBサーバーの高性能コンピューターで動いた結果です。ローカルパソコンの環境では、こんな高性能ソフトは動きません。

clip_image005

テキストの部分は、選択して編集することも可能です。そのまま、保存されますが、テキスト部分をコピーして、メモ帳に張り付けて保存することもできます。

●翻訳もできる

海外通販で購入したものには、英語と中国語のマニュアルしかありません。紙のマニュアルを画像化して、文字をテキスト化すれば、翻訳機能も使えます。

上と同じ手順で、GoogleDocで画像を開きます。

画像の下に、テキスト化したデータが表示されています。

clip_image006

このでーたは、WEB上のデータなので、ブラウザで開かれます。

翻訳は、GoogleChromeの翻訳機能で実行するので、ツールバーの翻訳をクリックし、このページを翻訳を実行します。このページの上は画像なので翻訳できませんが、下のテキスト部分が翻訳されます。

clip_image007

●Chromeに翻訳ボタンがない場合

設定ボタン(…)の設定を開き、更に下の詳細設定を表示します。

clip_image008

言語の日本語を開き、下の母国語以外のページで翻訳ツールを表示するをonにします。

clip_image009

●翻訳データには著作権があり、コピーして他に使えない?

不思議ですが、GoogleDocsの中身を翻訳しても、翻訳データをコピーして他に張り付けると、元の英語になってしまいます。

翻訳データをコピーして使いたい場合は、専用の翻訳ページを使います。元の英語のテキストをコピーします。画像だけでは、翻訳してくれません。そのうち、できるでしょうね。

https://translate.google.co.jp/?hl=ja ここが、Google翻訳のページです。


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
GoogleDocsで、文字画像をテキスト化 花園・パソコン研究会/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる